最近μライブラリを作成することが多くなってきて、避けて通れないこと一つに、CocoaPods対応があります。
ライブラリ毎にpodspecを書かないといけないのですが、

  • pod lib createで作るpodspecには無駄が多かったり、毎回自分の情報を書かないといけないのが面倒
  • かといって他のライブラリのpodspecをコピーしてくるのはなんとなく嫌だ

ということもあって、どうにかしようと考えた結果、 ライブラリ名(と初期バージョン)を与えたら自分用にpodspecを生成する スクリプトを書くことにしました。

色々「あれはいるかな、いらないかな」とか、ここはうまくspecの変数でカバーできないかなとか考えた結果、以下のようなスクリプトに落ち着きました。
以下を~/.bashrc~/.zshrcに記述します。

new-podspec () {
	if [ $# -lt 1 ]
	then
		echo "Library name required."
		exit 1
	fi
	: ${2:=1.0.0}
	cat <<PODSPEC > "$1.podspec"
Pod::Spec.new do |s|
  s.name     = "$1"
  s.version  = "$2"
  s.summary  = "___Summary___"
  s.homepage = "https://github.com/[Github-user-name]/#{s.name}"
  s.author = {
      "[Name]" => "[Mail Address]"
  }
  s.source = {
      :git => "#{s.homepage}.git",
      :tag => "#{s.version}",
  }

  s.ios.deployment_target = "8.0"
  s.source_files = "#{s.name}/**/*.swift"
  # s.dependency ""

  s.license = {
    :type => "MIT",
    :text => <<-LICENSE
      Copyright (c) 2016 [Name]
      Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:
      The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.
      THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.
    LICENSE
  }

end
PODSPEC
}

(Gistはこちら)

[Github-user-name][Name][Mail Address]を自分のものに変えると、そっくりそのまま使うことができます。

条件としては、

  • ライブラリ名と、リポジトリ名が同じである
  • s.homepage+“.git”が、s.sourceのgit:になる
  • ライブラリの実装ファイルの置き場が、ライブラリ名と同じディレクトリ以下に入っている

となります。この辺が「自分のやり方とは違うな〜」ってなったら適宜変えてください。
また、私はあまり画像込みのライブラリをつくらないので、resource pathとかは省いています。また、Swiftなので、require_arc等の指定も省いています。
必要な項目があれば適宜追加すれば良いかなと思います。

使い方


例えば、ライブラリ名が、”SomeLibrary”、初期バージョンを0.1.0で出そうとする場合は、

$ new-podspec SomeLibrary 0.1.0
# SomeLibrary.podspec

と実行します。もしバージョンを記述しなかった場合はデフォルトで1.0.0が入ります。