Qiitaで先日、こんな記事を書いて、try! Swiftで発表されてたプレゼンのサンプルを描き起こしたのですが、

あれから、色々と自分なりにあれこれ追加したものをアップしてみました。

拡張した内容としては、

  • Handを返す関数に、@warn_unused_result を追加
  • conditionForDeletingを追加し、フラグが立ってない時は削除できないように制御
  • 手持ちのカードが1枚の時は並び替えができないように制御
  • 追加、削除時のrowAnimationを指定できるように SourceType に insertRowAnimationType/deleteRowAnimationType を追加
  • Deckクラスの追加

です。よければそちらも見てみてください!