多人数で開発をしている時は、常に最新の状態を取得したいってなりますよね。
そのときは、

$ git fetch

を行うのですが、少しエイリアスで便利にしたものを紹介します。

updateエイリアスを追加する

.gitconfig を開いて、 [alias]の項目に、以下を追加します。

[alias]
        update = fetch --all --prune

これで、

$ git update

としてあげれば、ちょっと便利になったfetch コマンドを使うことができます。

なにが便利なのか

一見あまり変わらないように見えるのですが、 –prune オプションが付加されています。

–prune オプションは、remote上で消されたブランチを整理してくれるようになります。
普通は、消されたブランチも、git branch -aで見えてしまうのですが、 –prune オプションを付けてあげることで、
消されたブランチが表示されないようになります。
ちなみに、 –all はなくても問題ない気がしますが、強調するのも兼ねて書いています。

追記

一通り書き終わった時に、ふと調べたら、

を見つけてしまって、少しがっくりきてしまった。。
常に –prune を有効にするならこっちの方法がスマートかもしれないです。